葉酸と卵子の関係性は生殖機能を若返させる?

葉酸と卵子の関係性

卵子を元気にする葉酸?なぜ卵子が元気になる?

*

葉酸と卵子って?葉酸は卵子を若返らせる?

卵子は年齢をとっていくにあたって卵子も一緒に老化していきます。
また卵子が老化すると不妊の原因になりベビ待ちになりやすいとされています。

しかし、近年、妊娠したい ベビ待ちや妊娠初期の方に厚生労働省が「葉酸」の摂取を2012年から推奨するようになりました。2009年以降から高齢出産が増加し、不妊で赤ちゃんが産めない人が5組の夫婦に1組が不妊という時代になったからです。

そこで葉酸という栄養素が不妊・流産を解消する効果があるとされ、葉酸ブームが起こりました。また葉酸はビタミンB群の1種なので熱や水に弱く、食事からの摂取が難しく、葉酸サプリからの摂取が推奨されているようです。
葉酸サプリではなぜいけないのかをご紹介しているサイトがありますので、こちらを参考までにご確認ください。
この葉酸サプリlabはプロが選んだ葉酸サプリをご紹介していてとてもわかりやすいのです。


また今回は、その葉酸と卵子について詳しくご説明していきたいと思います。

卵子は死滅し続ける!?

卵子の老化による影響

生殖年齢について考えるのに、女性の排卵・月経の仕組みを改めて見ておきましょう!
女性の生殖器は中央に子宮があり、左右に卵巣が1つずつあります。

卵巣と子宮は卵管で繋がっています。
卵巣の中に卵子がありわけですが、この卵子は「卵胞」という袋のようなものに包まれ、守られています。

このように、卵巣の中で保管されている卵胞は特に「原始卵胞」と呼びます。
女性はこの原始卵胞を、産まれる前の胎児の時から持っています。

妊娠5〜6か月のお母さんの子宮の中にいる時に持っている原始卵胞の数が最高値で、約600万個。

その後は減り続けるばかりで、増えることはありません。
誕生直前ではすでに100〜200万個にまで減少しています。

思春期になり、月経が開始されると、「原始卵胞」は成長して発育卵胞は成長して発育卵胞、さらには成熟卵胞となり、卵胞から卵子が飛び立します。

これが排卵です。

一方、卵胞が育っている間、子宮では内膜が厚くなります。
これは妊娠に備えて、つまり卵子がせいしと受精した場合に落ち着く「ゆりかご」を作っているといえるでしょう!

妊娠しなければ、排卵の日から数えて14日プラスマイナス2日後に、先ほどの「ゆりかご」が子宮の中ではがれ落ち、血液とともに子宮口から経由して体の外かに排出されます。これが月経です。

思春期には原始卵胞は50〜60万個となっており、最高時の10分の1を下回ります。
その後も月経周期に応じて月に約1000個の原始卵胞が消えています。

1日あたりの個数にすると30〜40個という数字です。

個人差はありますが、女性が卵巣に保管している原始卵胞は、25歳前後で20〜30万個、そして35歳を過ぎると一気に約2万5000個に卵子が減少し、老化していきます。

それからは加速度的に数を減らし、50歳前後に1000個を下回ります。
1000個以下になりと女性は閉経を迎えます。
もう排卵が行われることはなく、自分の卵子で妊娠することは完全にできなくなります。
>>ベビ待ちと冷え性の関係とは?

葉酸を摂らないと卵子は老化する

女性の卵子は新たに作られることなく、数を減らしながら、"保管"されていることがお分かり頂いたでしょうか?
そして保管されている卵子は、女性の体内で死滅、消滅するだけではなく、老化もしていきます。まさに人間と同じように老いていくのです。

卵子の老化は女性が35歳過ぎると始まります。

卵子の老化とは、その"クオリティ"が低下するということです。科学的に説明すると卵子自身の減数分裂では、46本の染色体が倍の92本となり、それが2つの細胞に分かれることで再び46本に戻ります。

対して減数分裂の場合は46本の染色体が第一、第二分裂を経て半分の23本となります。
そのようになった精子と卵子が受精することで、染色体は46本に戻ります。

対して減数分裂の場合は46本の染色体が第一、第二分裂が経て半分の23本となります。そのようになった精子とらんしが受精することで、染色体は46本に戻るわけです。

この減数分裂がうまくいかないと、受精卵が着床しなかったり、流産の原因となったりします。つまり、妊娠率が下がってしまうのです。
それどころか、クオリティが低下した卵子は、そもそも受精がうまくいきません。
人間の細胞は、それこそ頭髪も爪も皮膚も、死滅と再生を繰り返すことは皆さんはご存知の通りです。

男子の精子も、常に新しいものが作られています。
ところが、卵子の老化を続けている。これは体のあらゆる細胞の中で卵子だけといっても過言ではありません。
なぜ、卵子だけが他の細胞と違うのかは分かっていません。

「どうして卵子は老化するのか?」という疑問は「どうして人間には寿命が存在するのか?」と問いかけていると同様です。

そもそも人は妊娠しにくい

そもそも人間は、他の動物に比べると妊娠率が非常に低い生き物です。

健康的な男女が妊娠を目的とした性行為を行った場合でも、1ヶ月あたりの妊娠ルツはおよそ25%です。
同じ哺乳類でも猫やネズミはほぼ100%、チンパンジーは70%くらいと言われています。人間が再開なのは間違いありません。

妊娠のメカニズムを確認すれば、その難しさがよくわかります。
女性は月経が終わると、次の排卵への準備を始めます。排卵は基本的に一個ですが、稀に2個以上の場合もあります。
卵子は卵巣から卵管に移動して、卵管膨大部という場所で精子がやってくるのを待ちます。
男性が女性の腔内で射精を行うと、およそ1〜3億の精子がやっていくるのを待ちます。

ところが、精子の99%は、その途中で死滅してしまうのです。
腔内は酸性ですあkらたんぱく質が主成分の精子にはもともと過酷な環境です。


また女性の白血球が精子を異物と認識をして殺すこともあります。これは白血球がばい菌を殺すのと変わりありません。
排卵の時期になると、頸管から粘膜が出て腔内を弱アルカリ性に保ち、精子の進入を助けます。

それでも卵管膨大部までたどり着けるようすは数百のみですから、恐ろしいです。そして1匹の精子が受精するのです。
こうして精子と卵子の受精が成功すると、受精卵は卵管内で細胞分裂を始め、胚(はい)と呼ばれるようになります。
この胚は子宮に移動を開始し、最終的には子宮の内膜に入っていきます。
これは着床です。着床した胚が無事に大きくなっていけば、胎児の誕生です。
妊娠・出産には、これほどのプロセスが必要なのです。

精子が子宮に上がり、卵子と出会い、内膜が準備されて着床するーこの中の1つでも失敗すると妊娠ができません。
受精や着床がうまくいかないことは、健康的なカップルの間でも全く珍しくないのです。

むしろ赤ちゃんが無事に生まれること自体"奇跡"と呼んでもいいくらいです。
日本産婦人科学会によると「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊んすることなく性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立を見ない場合を不妊」というあります。
私は夫婦やカップルにとっては、不妊が普通の状態と考えるぐらいがちょうどいいと思っています。

卵子の老化を防ぐには?

葉酸で卵子の老化を防ぐことをお勧めします。 卵子・卵巣だけ老化するというのは歳をとるごとに「血行と新陳代謝」が悪くなっていくと体全体の機能が低下していきます。
なぜ葉酸をお勧めするかと言いますと「葉酸」血液を造る働きがあるので葉酸を摂取することで血行が良くなっていくからです。

卵子の老化を防ぐおすすめのベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸サプリ
総合評価
商品名 ベルタ葉酸サプリ
葉酸 天然葉酸
定価 5980円(税込)
内容量 1個120錠入り
1日目安量 4錠
特典・お得なコース 1個定期便6980円3980円
夫婦定期便8980円5980円
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ベルタ葉酸の口コミの詳細はこちら