無月経・無排卵だと妊娠できない? | 葉酸と卵子の関係性

葉酸と卵子の関係性

卵子を元気にする葉酸?なぜ卵子が元気になる?

*

無月経・無排卵だと妊娠できない?

   


ある日急に生理が来なかったりして、不順になってしまうことがあります。妊娠を望むのであれば、生理がしっかり来て、排卵していることが最も必要になってきます。そこで、無月経・無排卵であると妊娠できない?について紹介します。

無月経・無排卵とは何が原因?

無月経・無排卵になるには、女性ホルモンの働きがきちんとされていない場合に起きてしまいます。
いろいろな原因があって、起きます。

無月経・無排卵に成る原因1:病気が原因…

甲状腺や女性生殖器の疾患によって、ホルモンバランスが乱れてしまい、無月経や無排卵が起きてしまいます。
定期検査をきちんと受けて、異常の早期発見に努めるようにして下さい。また、疾患が発見されたら、すぐに治療を行って下さい。

無月経・無排卵に成る原因2:ストレスが原因…

ストレスが原因で、ストレス性無月経になる方も多いです。ストレスが溜まってしまうと、脳の働きに影響を与えてしまいます。視床下部・下垂体などの働きが抑制せれてしまい、無月経・無排卵となってしまいます。

無月経・無排卵に成る原因3:

ダイエットが原因…女性では、誰もが1度はダイエットに挑戦したことはあるのではないでしょうか。だが、ダイエットをすることで、栄養が不足してしまいます。
心臓や脳などの臓器に優先的に栄養が運ばれて、生殖器には栄養が届かないことが実際にあります。

その為、生殖器に栄養が届かなくて、無月経・無排卵が起きてしまうのです。

無月経・無排卵に成る原因4:スポーツが原因…

激しいスポーツを行っていると、体脂肪率が低下します。だが、臓器が働くには、脂肪が必要になってきます。その為、心臓などの臓器に優先的に運ばれるため、生殖器の働きが行われなくなってしまいます。

無月経・無排卵の治療法について

無月経・無排卵になってしまったら、どのように改善したら良いのか悩んでしまいますいね。

なぜ、無月経・無排卵が起きているのかを考えて、改善していきましょう。

生活習慣に問題がある場合は、生活習慣の改善を行うことで、排卵が行われて生理がくるようになります。また、病気が発覚したときは、しっかり治療して行ってください。

このように、改善を心がけているけれども、3か月以上無月経・無排卵が続くようであれば、検査を行う必要があるので、婦人科を受診するようにして下さい。

受診を行うと、血液検査でホルモンの状態を確認し、超音波で子宮の状態を見てくれます。検査結果に基づき、ホルモン剤や排卵誘発剤の投与が行われます。治療は、個人差があると思いますが、しっかり治療を行っていると、排卵が起きるようになるので、頑張って治療を行ってみて下さい。

無月経・無排卵でも妊娠は出来るの?

無月経・無排卵の状態では、妊娠は難しいです。

だが、無月経・無排卵であったが、排卵が行われることもあり、そのときに受精すると、妊娠は成立します。だが、妊娠を望むのであれば、しっかり治療を行って、規則正しく排卵が行う体作りを心掛けて下さい。

無月経・無排卵になる原因は、人それぞれです。そのため、何が原因であるのか把握して改善していきましょう。がだ、3か月以上無月経・無排卵を認めるときは、受診をおこなって治療を行うようにして下さいね。

 - 不妊